日本海ハイパーローカルハイパーキャリアオンライン飲み会【ローカル発の可能性】

新潟ベース主催「日本海ハイパーローカルハイパーキャリアオンライン飲み会」が4月8日にZOOMを用いて開催されました!このイベントは、日本海側に縁のある学生・起業家・社会人の方々が5分間のLT(ライトニングトーク)で自分のしていることや考えを発信し、仲間づくりを行うというイベントです!

この記事では、【ローカル発の可能性】のテーマのもとLTをしていただいた皆さんの内容をご紹介します!

  1. 『地元肯定感を上げていこうぜ!ウェイウェイ』
  2. 『里山の可能性を探る』
  3. 『秋田から日本を変える』
  4. 1.『地元肯定感を上げていこうぜ!ウェイウェイ』

    写真もタイトルもウェイウェイですが、村山さん本人はウェイウェイではないそうですよ!(笑)

    大正大学地域創生学部4年 村山 凛太郎(むらやま りんたろう)

    東京の大学に通いながら、新潟県佐渡市・十日町市を中心に地方でも活動している村山さん。SUKIMACHI-5th代表であり、その団体の新潟県アンバサダーもしている。

    みんな、地元好き?地元のこと知ってる??

    ‘東京’に出て気づいたことは、地元のことを全然知らなかったということ。そして、地元のGOOD!!な部分を発信したり、再認識する機会の少なさを痛感した。

    上京してそのような印象を抱いた村山さんは、現在、東京の学生団体「SUKIMACHI」のメンバーとして活躍中!

    学生団体SUKIMACHIとは?

    地元(好きなまち)を発信する学生を増加させ、若い世代の「遊ぶ、働く、暮らす」選択肢を広げるというポリシーをもとにイベント・ツアー・プロジェクトを行う団体。

    「地元好き集まらん会」を開催し、地元を好きな人を集め、地元良いねと再認識する場を提供したり、「すきmatch旅」という自身の地元を紹介するツアー等を行っている。「地元を大好きと言える場所」や「地元を再認識する機会」をつくることに積極的に取り組む。

    現在は、新潟県内で地元肯定感の高める場所を作ったり、就職後に途切れてしまう地元とのつながりを修復しようと「雪国若者会議」という企画を計画したりしているそう!

    コロナが収まった後の活動がとても楽しみですね!!!

    村山凛太郎さんのFacebook |

    学生団体SUKIMACHIのFacebook |

    2.『里山の可能性を探る』

    世界での経験を身近なところで還元しようと地域活性化に興味を持った素晴らしい感性の持ち主です!

    新潟大学農学部3年 渡邊 匠海(わたなべ たくみ)

    大学で森林環境を学び、田舎暮らしに憧れている。アフリカの給食事業に興味を持ち現地を訪れたり、新潟と結びつきの強いロシアとの国際協力にも積極的に参加したりしている。広い視野を持つ渡邊さんが里山について語った。

    里山とは…?

    里山とは「人がかかわることによって作り上げられた自然」である。渡邊さんは、さらに、食べ物やモノをすべて自然の中から調達することから、「人と森、または人と生き物が共存することで豊かになった自然環境であり、人と自然がお互いに良い効果をもたらしている」と分析している。

    新潟で人と自然がつながる場所を作りたい

    近年、田舎離れが進み、放置されていたりそもそも所有者がわからなかったりする森林が多数存在している。そうした現状から、自然と向き合うことが大切だと感じている。渡邊さんは現在 、自然の大切さについてみんなでもう一度考える場を作ることを目指している。

    渡邊匠海さんのFacebook |

    3.『秋田から日本を変える』

    皆さんはシェアハウスしているそうです(^^)楽しそう!

    国際教養大学

    5年 前山なつの(まえやま なつの)(上)

    2年 榎 唯衣(えの ゆい)(左下)

    5年 盛光 瑠衣(せいこう るい)(右下)

    今回LTしていただいた前山さん、榎さん、盛光さんはわげしゅう秋田会議のメンバーだ。

    YouTubeで秋田興し!!

    「わげしゅう秋田会議」は秋田県の大学生が、企画から動画編集まで行い動画を投稿しているYouTube Channelで、秋田を絶賛発信中! ”わげしゅう”とは秋田弁で若い人という意味。国際教養大学・秋田大学・秋田公立美術大学・秋田県立大学・ノースアジア大学と、大学もさまざま、出身地もさまざまな学生で構成されているグループだ。

    彼女らは、「学生主体」「議論よりも行動に移してみた」という点に重点を置いた動画を配信することで、より多くの人に可能性や希望を感じてもらったり、「自分もやってみよう!」と感じてもらえたら嬉しいという思いで活動しているそうだ。

    秋田県について問題意識を持ち、どうすれば変えていくことができるかをたまたま動画にしてみたことが始まりだ。 YouTuberとも言うことができるが、軸は「秋田盛り上げてこう!」精神である。

    横手市の雪かき祭りに参加してみたら、優勝してしまった!!などおもしろいエピソードも。ぜひぜひ動画をチェックしてみてください!

    わげしゅう秋田会議のYouTube Channel |

    わげしゅう秋田会議のTwitter | https://twitter.com/niigata_cgc?s=20

    皆さんいかがでしたか?地方ってたしかによく見ようとしないと何もないと感じる方もいますが、見方を変えるだけで本当にたくさんの魅力があるんです!そして大学生等の若い方々が地域の選択肢や可能性を広げようと地域創生に奮闘している姿はとてもかっこいいんですよ。皆さんもぜひ主体的に地域の可能性を感じにいってみてください(^^)