#1【エリア情報解禁】どこでUberEats使えるの?

いよいよあのシェアリングエコノミーなサービスである
\\ “Uber Eats”が、7月9日に新潟上陸! //

この連載では新大出身、東京在住の”Uber Eatsのお兄さん“に
Uber Eatsのアレコレ、聞いちゃいます!

質問・感想・ご意見はこちらまで!

新潟ベースTwitterの質問箱

#1では、サービス開始日利用可能エリアについて紹介!
新潟市でも利用可・不可があるようです・・。

新潟市は「中央区・東区」の一部

新潟市でも利用可能エリアは新潟市中央区と東区の一部となっています。
以下が配達ドライバーに共有された地図です。

解像度が悪いので自分でも書いてみました。


地図を見てみると新潟駅を中心に、
東:新潟空港手前や県立大学あたり
西:西区手前の鳥屋野
南:国道7号線や8号線あたり
北:基本的に信濃川が境界線


また古町(いわゆる新潟島)も朱鷺メッセが近い柳都大橋から、
万代橋、八千代橋を含む、昭和大橋までの範囲かつ
西堀通周辺までの地域は利用できるみたいです。

ではなぜ中央区と東区なのでしょうか。

Uberのエリアにおいて一番の要因となるのは、
「提携店」「提携店からの距離」です。
Ubereats加盟店には居酒屋や個人経営の飲食店もおおいのですが、やはり「ファストフード店」の数に左右されます

Ubereatsの加盟しているお店は
居酒屋や個人経営の飲食、カフェもあるそうですが
圧倒的なのは「ファストフード店」だそうです。


ファストフードのお店で代表的なのは
マクドナルド、モスバーガーなどのハンバーガーや
吉野家やすき屋などの牛丼がありますが
新潟市中央区を中心にファストフードで検索すると・・・

という詳しい分析を続けてくれましたが、
また別の記事でご紹介します。

地図の分析をすると効率的に稼げるようですよ!

エリア外であればどうすればいい?

UberEatsの”エリア”は
お届けできる範囲」と捉えてください。
そのためエリア外ではお届けができないので
使うことはできません。
しかし、住所は自由に変更できます。
例えばエリア内の公園に配達してもらうことも可能です。

Ubereatsの魅力は
エリア内であればどこでもお届け可能」だそうです。

まがたさん自身はまだ公園や公共施設などに
届けたことはないそうですが、
お花見で利用する、という話もあるそうです。
これは注文する側の話。
では配達する人はどうなのでしょうか。

エリア内に移動すれば注文を受けることができます。
あくまでエリアは「配達できる範囲」ですので
西区や北区に住もうが、ほかの市に住もうが
エリア内に入れば配達パートナーとしてお金を稼ぐことができます

他の区に在住していても、中央区や東区に行けば配達で
お金を稼ぐことができる・・・!

エリア外と聞いてもUber Eatsを利用するチャンスはありますね!

利用にはとにかく「アプリ」!

サービス開始前までに情報登録をすることが可能です。
注文する方はUber Eatsアプリを入れましょう
注文と決済はアプリで行います。
配達する方はウェブサイトからパートナー登録をしましょう。
登録後、配達員用のアプリのダウンロードが指示されます。
なおUber Eatsアプリからでも配達のための登録もできます。
とにかくUber Eatsアプリをダウンロードすることから始めます!


Uberには複数アプリがあるそうなので
注意してください!

詳しい登録の方法や必要なものについては
次回解説
しますが
お急ぎの場合はUber Eats経験者が
ブログやYouTubeでノウハウを公開しているので
そっちを参考にするのもありです。笑


それでは次回をお楽しみに!
質問・感想・ご意見はこちらまで!

新潟ベースTwitterの質問箱

============================
“UberEatsのお兄さん”プロフィール
============================



まがたなおき
秋田県出身、新潟大学経済学部2018年卒。

現在は東京でエンジニアとして働く傍ら
Uber Eatsの配達を週5で行う。(歴:3か月)

また新潟ベースでは新潟大学”すごい人”飲み会の運営も担当。

まがたさんのSNS

新潟大学”すごい人”飲み会のSNS
  

============================
Uber Eatsとは・・?
============================
日本では2016年9月29日にサービスが開始された
フードデリバリーサービス

利用者の指定した場所へ食事を届ける、
いわゆる”出前”であるが、UberEatsで直接配達員を持たず、
配達パートナーが配達することが他と異なる。

シェアリングエコノミーの特徴から
好きな時に好きな場所で“働くことができるため
自由な働き方の提案にもつながった。

シェアリングエコノミーとは

サービス提供エリア内であればどこでも届けることができるため、
例えばお花見会場に届けることも可能。

最初は東京のみのサービス開始だったが、
名古屋、大阪、京都、福岡をはじめとし、直近では
2020年4月に仙台、金沢、富山
2020年6月に宇都宮
2020年7月に長野、新潟 などがサービスを開始する。

最新情報はこちらから