UberEats メリット・デメリットを考える~注文編~#7

いよいよあのシェアリングエコノミーなサービスである
\\ “Uber Eats”が、7月9日に新潟上陸! //

この連載では新大出身、東京在住の”Uber Eatsのお兄さん“に
Uber Eatsのアレコレ、聞いちゃいます!

質問・感想・ご意見はこちらまで!

これまで配達者向けに登録の方法やメリットとデメリットを紹介しましたが、
今回は注文者側でのメリットとデメリットを伺います!
まがたさん自身もUberEatsをよく利用するとのことで
これまたいろいろ聞けましたよ!

最大のメリットは時短

やはり最大のメリットは【時短】ですね。今まではお店に行くと、往復分の移動時間がかかりました。
しかし、配達だと、お店の近くから家まで届けてくれるのでざっくりですが、
今までの時間の半分で食事を手に入れることができます。

しかも待っているときはただ家にいればいいので、
勉強をする、仕事をする、YouTubeを見るなどなど
自分のしたいことに使える時間が増えます。

配達だったら当たり前じゃない?と思うメリットだと思うのですが、僕は注文でUberEatsを使って感動しました。

配達パートナーになる前に注文でUberEatsを使っていたので、
初めて使った時の「こんなに早く来るんだ」という感動は今でも
忘れられません。

その感動をみんなに味わってもっと“自分の時間”を大切にできる、
その価値に気づいてほしいです。

今ではUberEats以外でも各社が用意しているアプリで
ピザやハンバーガーのデリバリー注文をすることができますが、
UberEatsではさまざまなお店が選べるので気分に合った料理を選ぶのにちょうどよさそうですね。

東京に比べて新潟は家からお店までの距離が長いので、
その分、時間が大きく減ることを考えたらかなりのメリットだと思います!

他にもステイホームなメリットたくさん

他にも考えられるメリットとしては、

家から出る必要がない
アプリからの注文と決済でめんどくさい電話不要!
いろんな店を知ることができる
たまにめちゃくちゃお得
(配達者向け)配達の勉強になるです。

アプリでメニューを選択するだけなので伝達ミスも起きにくく、
また「電話をしなくてもいい」ことが時短の次に大きなメリットだと思います。

ステイホームが叫ばれているこの時代にこそ
デリバリーは最高のサービスだなと今更ながら気づかされます。

⑤にある、配達の勉強とは一体何のことでしょうか。

僕はUberEatsを注文する側を経験してから配達の道に入りました。

配達方法や決済方法、あとは注文者がどのように見えているかを
分かったうえで配達に臨んだので、なんとなく仕組みが分かっていました。
注文者側がどんな操作や気持ちをいるかを知ると配達側では

・早くでも丁寧に
・寄り道はできない
・決済は済んでいるから渡して終わり
・置き配は置いたらインターホン鳴らす
など細かい気づかいができるようになりました。

勉強の一つとして、配達する人は1回は注文してみるといいでしょう

懸念点はお金

最大のデメリットとしては、
使い続けると高い】ということですかね。
やはりデリバリーということもありますので手数料や配送料を考えると
通常の1.2倍~2倍近く料金がかかることがあります。
通常メニューでさえも1.2倍ですしそこに配送料を足すともっと増える・・。
ということになります。

お金がかかるのがいちばんですよね・・。
最大でも2倍というのは驚きました。

それこそお得なキャンペーンが行われているときだけ使うのもありですね。
ちょっと私たちには敷居が高いかな、なんて思ってしまいますね・・!

しかし、メリットで書きましたが、
デリバリーは家から出ずに
実質片道分の時間で食事が届くので時間をお金で買える最高のサービスなんですよね。

私も配達員向けに配布されるクーポンがあるので使うことも多いのですが、
やっぱりあっという間に届くし私は基本的に在宅勤務なので、
家から出ずにご飯が食べられるというのは最高に感動しました!

時間を有効に使えることに対して
高いか、安いかというような判断をすれば
もっと意味のある使い方ができそうですね!

本当に1回使ってみてください。
時短効果を感じると配送料なんて安いもんだなんて感じることもあるかと思います。

だからまだまだ全国でサービスを拡大
デリバリー全体として東京でも需要が衰えず、
むしろ増える理由かもしれないですね。

まじで届いたとき、感動します。「めちゃめちゃはやい!」

忖度なしで メリット>デメリット

やっぱり時短を考えるとUberEatsを使わない手はないと思いますし、
最初はクーポンを使う手立てがあるのでお金がかかっても時短する意味があるかないかで考えることが大事かもしれませんね。

僕は初めてUberEatsを使ったあの感動は忘れられません。

もちろん、お金を使いすぎて出費がかさむ可能性もあるので、
お財布と相談しながらうまく時短に使っていきましょう!

いよいよサービス開始の7月に突入!
次回もお楽しみに!
👇質問・感想・ご意見はこちらまで!

“Uber Eatsのお兄さん”プロフィール

まがたなおき

秋田県出身、新潟大学経済学部2018年卒。
現在は東京でエンジニアとして働く傍ら、Uber Eatsの配達を週5で行う。(歴:3か月)
また新潟ベースでは、新潟大学”すごい人”飲み会の運営も担当。

まがたさんのSNS

新潟大学”すごい人”飲み会のSNS

UberEatsとは・・・?

日本では2016年9月29日にサービスが開始されたフードデリバリーサービス

利用者の指定した場所へ食事を届ける、いわゆる”出前”であるが、
Ubereatsで直接配達員を持たず、配達パートナーが配達することが他と異なる。

シェアリングエコノミーの特徴から、“好きな時に好きな場所で”働くことができるため
自由な働き方の提案にもつながった。

サービス提供エリア内であればどこでも届けることができるため、
例えばお花見会場に届けることも可能。最初は東京のみのサービス開始だったが、
名古屋、大阪、京都、福岡をはじめとし、
直近では
2020年4月に仙台、金沢、富山、
2020年6月に宇都宮
2020年7月に長野、新潟などがサービスを開始する。