自分だけの時間~新潟大学ざわ~交換日記#22

新潟ベース大学生メンバーによる日記も2巡目となりました!
新潟ベースの個性あるメンバーの日記はあなたの毎日を少し楽しくしてくれるかも、、!!

気になる新潟ベースメンバー一覧はこちらから

8月8日(土) 筆者 ざわ

どうも、ざわです。
前回の担当回ではカッコつけた文章書きました。すみません。
今回はもっと砕けた感じでいきたいと思います。

僕は現在大学3年生。
就職ではなく大学院進学希望です。
つまりやることは1つ、勉強。

8月に入り、院試に向けた勉強を本格化させていっている最中です。
そんな中毎日のように

「高3の時の頭脳が欲しい……」

とボヤいています。

ふと、「高3の時はこんな風に勉強してたなぁ」と懐かしむ時があったので、今回は当時の僕のびっくり生活習慣について紹介します。

みなさんは高校3年生の時、何時間睡眠してましたか?

なんと僕は……
「6時間!!!」

いや普通!とんでもなく普通!

ごめんなさい。
まだ読むのやめないでください。

では何が「びっくり」なのか。
そうです。僕は「3時」に起床してました。

3時起床?6時間睡眠?
ええ、もちろん「21時」就寝です。

だってぼく18さいだったもん。ふつうだよ。
金曜ロードショー?なにそれ美味しいの状態。

受験生だったこともあり、
3時に起きて4時間勉強してから
朝支度をして高校に行ってました。

今考えるとえげつない。ほんと。
それでもまだ一番じゃない。
一番えげつないのは高校の定期テストの日。
驚くことなかれ
「19時就寝」「0時起床」「7時間勉強してから」
高校に行き、テストを受けていました。
なんとも飲み込みにくいパワーワードが並んでいますが事実です。

そんな生活をしていた僕ですが、全く苦ではありませんでした。
むしろその朝(未明)の時間がたまらなく好きでした。
窓を開けばひんやりとした空気、あらゆる生き物が寝静まった住宅街。
時間とともに空が白み始め、やがて日の出を迎える。

この世界の空気を自分だけが吸って、はいている。

その時間を
まるで自分1人で独占しているような感覚にすら浸っていました。

僕が今まで生きてきた中で
最も美しい「日常の中の“色”」でもあります。
僕は小さい頃から生粋の朝型でした。

もはや朝という概念で当てはめていいのかもわからないレベルです。
「3時」に起きる時も目覚ましの鳴る前に起きてました。
目覚ましを僕が起こしてました。
目が覚めて30秒で数学の問題が解けました。
それぐらいあの頃の僕は、生活習慣がピッタリとハマっていたんだと思います。

今の僕はというと……
当時と真逆ですね。
3時に寝て9時に起きてます。
数学の問題を解き始めるまで30分はかかるでしょう。
当時の頭脳を取り戻すには、

当時の生活習慣を再現しなければいけないのでしょうか。

不安で不安で夜しか眠れません。
おやすみなさい。