ネオ無職×酒×謎の美人なYouTuber~アイル交換日記#32

夏休みはいかがお過ごしでしょうか。
今回のテーマは「YouTube」についてです。

現役新潟大学、新潟県立大学の新潟ベースメンバーのおすすめのYoutubeチャンネルやYoutuberをご紹介します。

8月18日(火)筆者 むーとん(タクミ)

こんばんは。タクミです。

今回はオススメのYouTuber紹介ということで、私が個人的に好きで応援しているYouTuberを紹介したいと思います。

尖ったコンテンツや唯一無二の世界観、そして美人が好き、という私のような方はぜひ読み進めてみてください。

「世界一のゆっけ」

「ネオ無職」と名乗るニート(?)の謎の美人が、自身のズボラな生活を発信していくチャンネル。半年前から本格的にYouTube活動をスタートし、現在登録者数は16.1万人と、確実にその人気を高めてきているYouTuber。

YouTuber界トップクラスと言っても過言ではないルックスを持ちながらも、表情の動きが少なく、どこかミステリアスな雰囲気を醸し出す美女「ゆっけ」。

そんな彼女の動画内での生活はズボラそのもの。

ハイボールを「彼氏」、ビールは「浮気相手」と呼ぶほどの無類の酒好きである彼女は、起床直後であろうが真昼間であろうが夜中、寝床に入る直前であろうが、四六時中酒を飲んでいる。

そんな「酒カス」の彼女が動画内で酒と共に口にする食べ物も、

大盛りの牛丼、焼肉、セブンで買った大量のお惣菜、餃子、そして二郎系ラーメンと、”らしさ”全開である。

そんな謎の女の怠惰な生活が、ドン・キホーテで流れる安っぽいBGMと、自身が吹き込む独特な表現を駆使したどこか文学チックなナレーションと共に流れる、というコンテンツである。

初めて見る人はきっと、「一体何を見せられているんだ…」と思うかもしれない。

現に動画に映る彼女はミステリアスそのものであり素性が見えにくい。

しかし、そんな彼女の紡ぐ言葉や生活からは、

「嫌なことからは逃げても良い」

「自分なりの、等身大の幸せを心から誇り楽しむ」

といった彼女なりの人生観や哲学が時折垣間見える。

彼女は自身の言葉や生活を以って、ストレス社会に生きる私たちにとっての重要なヒントを与えてくれているのだ。

大学卒業後に勤めていた会社を1年足らずで退職してしまうという背景を持つ、彼女ならではの価値観なのかもしれない。

そんな新しい生き方を貫く彼女の姿勢には感動すら覚える。

そして、当初は彼女のスタンスに戸惑っていた視聴者も、気付けばそんな「酒カス」に魅了されてしまっているのである。

大御所YouTuberの富豪化などによって、以前ほどYouTuberに対して親近感を覚えにくくなりつつある現在のYouTube界において、彼女のコンテンツは

「四畳半の部屋から世界に向けて自分のクリエイティビティを発信する」

という、元来のYouTuberの在り方を正に体現している。

そんな等身大の彼女の独特な世界観に惹き込まれた視聴者は、既に、ゆっけと共に「酒カス」への第一歩を歩み出してしまっているのかもしれない。

↓オススメ動画↓

夢の国で酒ざんまいな過ごし方【一人暮らし無職】【ディズニー】

ディズニーに行く前にウコンを飲む人を私は初めて見ました。

 

新潟ベースが運営するYouTubeチャンネル「よろっとちゃんねる」では、「新潟」を知って、好きになってもらえるようなコンテンツを発信しています。こちらも併せてご覧ください!

【新潟の女子大学生ラジオ】『コロナ禍で恋人を作るには』についてゆるく話す。新潟大学×新潟県立大学