【連載】~コンビニアルバイト日記#10~【最終回】

日記を書くのは、自称不器用な女子大学生
4か月ぶりに彼女が始めたアルバイトは「コンビニ店員」



不器用なのに大丈夫?慣れるまでどのくらいかかるんだろう?
10回の連載形式で日記を綴り、そんな疑問に答えていきます!






コンビニアルバイトでわかった、アルバイト選びのポイントやコンビニアルバイトの良い点は第5回の最後にまとめてあります。

第5回の記事・前回の記事はこちら☺



今回は最終回!!読んでくださりありがとうございます☺
それでは、いつも通り綴っていきたいと思います~。

アルバイト18日目

[今日の仕事内容 - シフト事情によりいつも一緒]
床掃除、レジ、消費期限が切れた食品を棚から降ろす作業、新聞の返品登録、コーヒーの機械の洗浄、最後にトイレ掃除

先週バイト後に、レジが流れ作業にならないように目を見て笑ってみようと考えたので、レッツ実践。


しかし、そもそも全く店員の顔を見てレジにくるお客さんってほとんどいない(^^;)








合わない、目が(^^;)









でも、私が思ったことは流れ作業な印象を与える一番の要因は話すスピードの速さだということ。






たばこを買うお客様はレシートもいらない方が多いし、早く用を済ませたいだろうなって思うから、気付くとすごく早口になっていることがほとんどだ。






それ自体は別に悪いことではないと思うけど、自分はもう少しゆっくりしっかり話してもいいのかなと思った。




で、してみた。結構いい感じ。



お客様の目を見て笑顔はベストだけど、私はちゃんと発音することや会計後の「ありがとうございました。」を丁寧にすることに決めた。





アルバイト19日目

[今日の仕事内容]
床掃除、レジ、消費期限が切れた食品を棚から降ろす作業、新聞の返品登録、灰皿を洗う、コーヒーの機械の洗浄、最後にトイレ掃除



今日は初めて灰皿のゴミ捨てを教えてもらった。



たばこの灰皿は思っていたより不潔という感じはしなかったけど、たばこのにおいがきつい。





慣れればあまり嗅がないで作業できると思うんだけど、

この世で一番嫌いなものの一つに「歩きタバコ」が入っている私は結構「ううう(-“-)」ってなった。






今までの業務の中で一番コンビニ店員のマルチタスク(?)なすごさを感じたな~。


すごく良い経験。みんなが灰皿を使い続けるために灰皿を綺麗にする雑務を誰がどうやっているかなんて、コンビニアルバイトをしてみなかったら知らないままだった。





実は、私は同じ時間のシフトしか入っていないから、いつも仕事内容は同じだ。

コンビニ店員はもっといろんな仕事をしている。
私はまだまだ覚えないといけないことがあることを痛感。




でも一見自分にはできなさそうなコンビニアルバイトを始めて、わかったこともたくさんある。


今日は最終回なのでそれをここにまとめようと思う!(第5回目に入れたものを含む)

[コンビニアルバイトについて]
・コンビニ店員は不器用な人でもできる!ということは、誰でもできる!

・静かな空間でないからレジ業務での言葉遣いのミスもあまり怖くないし、繰り返し作業が多いから仕事を覚えやすい

・シフトが2週間ごとにでて、要望を聞いてくれる
(下見で店員は足りてそうか、面接で店長は良い人そうかを見ておくといいかも)
(シフトの出方・要望がどのくらい通るかは、店舗によって異なります。)

勉強になる。将来に活かせることやこのアルバイトをしないと全然知らなかっただろうことを知ることができる
⇨・たばこ
 ・敬語
 ・コンビニの仕組み
 ・コンビニのお客様について
(私の場合は、思っていたよりにはひどい人が少ないなど、、、)

[アルバイト全般について]
・メモをとることは必須

・はじめは、次のシフトまでにメモを整理しておくと◎

・アルバイトが良い場所かどうかは一緒に働く人がいい人かどうかが大きい

確認作業は大切。どんなことでも疑問におもったり「忘れた」と思ったら聞く



読んでくれてありがとうございました!
学生生活のなかで大きな部分を占めるアルバイト。
そこでお金を稼ぐだけでなく様々なことを学び、楽しめたら最高ですよね!



この日記が誰かの役に少しでも立てたり楽しく感じてくれていたらとても嬉しいです☺

アルバイト頑張りましょうね!






それでは👋


[終わり]