コロナをチャンスに!大学生たちの夏休みの意気込み

みなさん、こんにちは。
毎日お疲れ様です。

夏ですね。
海にでも行きたくなるような天気が続いています。

しかし今年の夏は、コロナウィルスの影響で気軽に外出をすることができずに、各々が我慢の夏を過ごすことになりそうです。

大学生にとっては、サークルで合宿に行くことも、帰省して家族や地元の友人に会うことも、恋人と花火大会に行くこともできずに、なんて退屈な夏だろうと思っている方も少なくないと思います。

しかし、この状況の中であっても、個々人ができることは確実にあると思います。

私たち新潟ベースでは、少しでも多くの方々に、この状況の中でもやりたいこと、出来ることに目を向けてポジティブに夏を過ごして欲しいと考えました。

そこで現在取り組んでいることが、#コロナと過ごす夏に大学生がやりたいこと というハッシュタグと共にツイートをするということです。


その様子はこちらから↓


Twitterはこちら

コンセプトムービーはYouTubeからでもご覧いただけます

コンセプトムービーはこちらから

現在、ありがたいことに何人かの方々にこのハッシュタグと共にツイートをしていただいています。今回はその中から3つのツイートを紹介したいと思います。

コロナの中でも前を向き、ポジティブにこの夏を過ごそうとする新潟の方々のツイートを見て、少しでも多くの方々の励みになれば嬉しいです。

それではどうぞ。

①逆境を楽しむハートフルな、間違いなく今年の夏よりも” 熱い”ツイート

コロナで外出ができない、友人となかなか会えない、そんな今年の夏だからこそ自己研鑽に励もうという気概が感じられる、非常に素敵なツイートです。
筆者もこのツイートを見て、この夏は自分とじっくり向き合い、あらゆる面で自分の出来ることを増やす絶好の機会だと改めて気付かされました。

見てください。新潟の人間は、たくましいのです!

②コロナがもたらした「リアル」の価値を叫ぶ、大学生共感度120%のツイート

コロナウィルス流行に伴い、リモートワークや、Zoomといったオンラインツールを用いた飲み会の需要が高まっています。気軽に遠く離れた友人と会話を楽しむことができるという点で、オンラインの便利さには感謝しないといけないですね。

しかし、オンラインの需要が高まると同時に、改めてオフラインの価値に気付かされる人も多いのではないのでしょうか。

サークル活動を楽しむこと、友人と気軽に顔を合わせて思いっきり遊ぶこと、好きなアーティストのその日にしか聴けない生の歌声をライブで楽しむこと、そんな「リアル」の尊さを改めて私たちに気付かせてくれる素敵なツイートです。

いつかその日が来たら、思いっきり羽を伸ばしたいですよね。

③新大に新たな風を吹き込む集団にワクワクせずにはいられないツイート

このツイートは、新潟大学生のプログラミングサークル「LEPRO」さんのツイートです。
新潟大学にプログラミングサークルがあるんですね。初めて知った方も多いのではないのでしょうか。
プログラミングってなんとなく難しそうという理由で、興味はあるけど触れられずにいるという大学生は多いように思います。そんな中で、プログラミングの世界に飛び込み技術を磨き、更にはそれを周囲の人間にも還元する機会を伺うLEPROさん、最高にカッコイイですよね。
LEPROさんのこの夏の活躍には目を離せそうにないです。

↓LEPROさんの記事はこちら↓
フットサルサークルがプログラミング??~新潟大学プログラミングサークル LEPRO~

ここで引用させていただいたツイート以外にも、非常に力強く、そして読んでる私たちもワクワクしてしまうようなツイートが多くあります。

皆さんも #コロナと過ごす夏に大学生がやりたいこと のハッシュタグを検索してツイートを見てみてください。そして、皆さんも今年の夏の野望を、是非このハッシュタグと共にツイートしてみてください。

新潟ベースのTwitterアカウントの中の人が、喜んで飛びつき応援させていただきます。