アルバイトをしなかった大学生の末路_新潟ベース交換日記-アルバイト編-新潟大学ざわ#45

夏休みはいかがお過ごしでしょうか。
今回のテーマは「アルバイト」です。夏休みに入り、新しいアルバイトに挑戦される人も多いと思います。高時給?面接?掛け持ちはできるの?色々悩むところがあると思います。

今回、現役新潟大学、新潟県立大学の新潟ベースメンバーのアルバイトに関する経験談や失敗談、学んだことをリアルにご紹介します。

8月31日(月) 筆者 ざわ

皆さんこんにちは。

今回の交換日記はアルバイトということで
アルバイト関連のお話をしたいところなんですが……
僕にはアルバイトの経験がほとんどありません。

実際にアルバイトをしていたのは1年の秋から冬にかけての3ヶ月ほどです。
どうしてもバイト先の店長と合わないなと
感じてしまって辞めてしまいました。

それ以来一切アルバイトをしていません。

他のメンバーがさまざまな視点から
アルバイトの選び方ややりがいについて書いていますが
僕にはアドバイスできることがありません!(泣)

バイトをしてこなかったことで
僕が後悔していることは次の2つです。

①お金を稼ぐ機会を失ってしまうこと

なんと言ってもこれは大きいですね。
大学生たるもの生活に遊びにと
何かとお金はかかるものです。
今必要じゃなくても、学年が上がるにつれて
やりたいこと、欲しいものがでてきます。

その時のために貯金しておくことは大切だと思います。

②人間関係を広げるチャンスを逃してしまうこと

友人との会話で
「アルバイト先の人と○○した」
といった楽しそうな話を聞くと
アルバイトをしていない身としては非常に後悔します。
(直接でなくてもInstagramの投稿などでダメージを受けます。笑)

この2つの後悔は、今でも自分で感じているものです。

では、僕はそのような後悔を抱えながら
なぜアルバイトをしていなかったのかというと
単純に自分の趣味に時間を使いたかったからです。

僕自身の性格上、自分の興味のあることだけに
時間を使いたかったというのもあります。

僕はゲーム、YouTubeが大好きなので
空いた時間は全てそれらに費やしていました。

それはそれでとても楽しい時間です。
アルバイトによって学べることや得られるものはたくさんあると思いますが、

趣味にたくさんの時間を使えるのも大学生ならではです。
今なにか熱中したい趣味がある人は

あえてアルバイトをせずに、
思いっきり趣味に時間を使ってみてはいかがですか?