【幸せになりたい人必見!】 普通の女子大学生が 幸福度を高めた5つの考え方#87_新潟ベース交換日記新潟県立大学ずんちゃん

いつも読んでいただきありがとうございます。
交換日記も8巡目突入!
前回までの交換日記のテーマをおさらいします!

そして、8巡目のテーマは!!!「自由テーマ」です。
新潟ベースメンバーの徒然なるままの日記をどうぞご覧ください。

10月12日(月) 筆者 ずんちゃん

最近自分の中で餡子ブームがきていて、
幸せ+罪悪感を感じながら楽しんでいます。
(特に、食パンにチーズかバターか生クリームと一緒に、サンドするのが好きです)
こんばんは☺︎
アイルメンバーのずんちゃんです。

最初に、「幸せ」というワードが出てきましたが、
今回は私流のハッピーな生き方をご紹介します。

①言葉づかい

私は物心ついたころから、
「ネガティブな言葉は口に出さない」というマイルールがあります。
ネガティブなワードを聞いた時って、誰も幸せにならないですよね。

「嫌い・疲れた・だるい・面倒くさい」など、
共感を得るためについ言ってしまいがちに思いますが、口に出すことで改めて意識させられたり、聞いた人にもそう感じさせてしまったりするので、楽しい言葉を共有できたらいいなぁと思っています。

②自己肯定感を高める

自分は〇〇が出来る!
昨日よりもちょっと可愛いかも!
困っている人を助けられた!など、
他の人とっては大した事では無い小さな事でも、何か自分に自信をもてると、気持ちがるんるんして、ちょっとハッピーな気持ちになれます。

③おいしいものを食べる

3大欲求の一つ、「食」、これは本当に重要!!
美味しいものを食べた時ってにこにこしちゃいます。

決して高級なものでは無くても、何気なく食べるのではなく、作ってくれた人・食材、一緒に食べてくれる人に感謝しながら味わって食べると、幸せを感じます。

④全ての事柄に感謝

当たり前を当たり前と思わないこと。
これは日々意識しています。

今自分の周りには、困った時に助けてくれたり、貴重な休日を私のために使ってくれたり、ご飯を一緒に食べてくれたり、人生という限られた時間を共有してくれる大切な人がいます。

一人で生きていたらこんな幸せを味わえないと思ったら、とにかく感謝しかないです。

この気持ちを直接伝えると、少し引かれてしまうことが多いですが、私はちゃんと言葉にして伝えたいから、しっかり伝えるタイプです。笑

⑤躊躇しない

人生の主人公は自分。
自分が幸せを感じるためには、躊躇してはいけません。
もちろん人に迷惑をかけるのは絶対ダメです。

新しい事にチャレンジしている時って、キラキラした気持ちになりませんか??
上手くいくかどうかはわかりませんが、挑戦する事は大事だと最近気づきました!

まとめると、

大切な人には幸せになってほしい。

ハッピーな気持ちって、周りにも伝わっていくと思うんです。

だから自分からまずハッピーオーラをまとって、みんなが幸せになったらいいなぁと思っています。

長く語ってしまいました。

最後まで読んでくださりありがとうございます😊

これを読んでくれた方の日々が、少しでもハッピーなものになったら嬉しいです!