「”すごのみ”の開催は人生すべてに通じる!?」-”すごのみ”運営:マガタナオキさん

にいがた学園祭の開催に合わせて新潟にゆかりある学生と社会人を「知る」イベント
すごのみ” が アイル とコラボ!


10/22(木)に開催の、”すごのみ”#3の登壇者が日替わりで登場!
それぞれの「」を交換日記形式で掲載し、
社会人版クラウドドリーミング”を開催します!

ぜひ新潟にゆかりのある社会人の夢を参考にし、皆さんもクラウドドリーミングにご参加ください!

また、11/8(日)19:00~21:00では、“すごのみ”の最新回も開催します!
学生も社会人も夢をシェアする場所を作ります。


「こんな人や夢があるんだ!」とまずは「知る」ところから始めてみませんか?

👇”すごのみ”の詳細や申し込みはこちらから—

3年前は新大生

【新潟とのかかわり】

曲田尚貴(マガタナオキ)です!
僕は新潟大学経済学部経営学科を2018年に卒業しました。

出身は秋田なので新潟には大学の4年間だけ過ごしました!
もう大学を出て2~3年になるので知っている人も少ないかと思いますが
当時は大学生協の新入生センターや購買部、
あとPCスキルアップ講座
も担当していたので
もしかしたら知っているひともいるかもしれません。

大学の時はたくさん遊んでいろんなところにも行きましたね。
途中からロードバイクも買ってラーメン巡りもしました(笑)
いま思い出しても楽しかったですね!

本業はエンジニアさん

【現在やっていること】

今は東京でインフラ系のエンジニアをしています。
ネットワークやサーバーなど、ITの土台部分を作ったり
それらの異常を調査する、「ITのお医者さん」みたいなお仕事です。

コロナ禍において在宅勤務をしているので
最近は体重も順調に増えてきました。

地元秋田でやりたいことは3つ!?

私は新潟でも”すごのみ”を開催しているのですが、
将来は地元秋田に帰って、やりたいことが3つあって。

①農業:実家が農家なのでそれを継ぎたいし、興味がある

②宿泊事業:24時間地元にいることで人ごとに違う感性で地元を好きになってもらう

③IT:今の経験を生かして地元でも仕事ができるようになりたいこれらを通して結果、
【地方が少しでも長生きするロールモデルを作る】

というのが夢です。

結局地方は衰退の一途をたどっているのであれば、衰退の傾きを少しでも緩やかにして、僕ら世代が生きているうちまでは地元で暮らせるようなそんな世界を迎えに行きたいです。

”すごのみ”で語っているまがたさん

“すごのみ”主催者から見た”すごのみ”

【”すごのみ”に参加した感想】

“すごのみ”をなんで開催しているかというと、
「新潟の学生や社会人を1人でも多く知ること」です。

まだまだ知らない方々がたくさんいて、
もっと早くからいろんな人のストーリーや選択肢に出会うことで
もっと毎日の見え方が変わってくるんじゃないか
って。

イベントを何回か開催することで
僕自身もSNSを通じてですが、刺激ある情報に囲まれることも増えましたし、
参加者を見ていても、先輩の会社に転職しました!とか
将来が不安なので保険に詳しい先輩にライフプランを相談しました!とか

その人にとってちょっと以上プラスになっていることを実感します。

また、自分との共通項(=今回は”新潟”)を持っていると
人って話やすいと思うんですよ。
ある意味、”すごのみ”の開催は

人と人を知る、出会う機会を設けることで
“すごのみ”という一つのコミュニティで
さまざまなことが起こる、

それこそ地方という範囲を相手にしたい僕からすると
スケールや、やっていることが違うけども
本質は変わらないのではないかなあと思っています。

ぜひ皆さんもほかの人を「知る」ことから始めませんか?

–運営連絡先–
“すごのみ”実行委員会(新潟ゆかりの学生&OBOG有志)
ngtuniv.sugoinomikai@gmail.com

“すごのみ”のSNS |