時間を止める〜新潟県立大学1年なのなのの挑戦〜

4/16(金)-5/7(金)に開催された新潟ベースを3週間で体感できるプログラム「NIIGATABASE SECOND」第1タームの参加者にアイルを通して振り返りをしていただきました。授業、就活、インターンシップ、アルバイトでもない本プログラムはアイルを運営している新潟ベース主催のプログラムです。ぜひ参加者の参加のきっかけや学びをご覧ください。

なのなの
新潟県立大学1年Social Creativeミッション

新潟県立大学国際地域学部1年、読書と睡眠、走ることが大好き!

お申し込みのきっかけ

行動力のない自分を変えたいと思ったのがきっかけです。実はセカンドに参加するか、申込期日を過ぎてからも悩んでいたのですが、新潟ベースの先輩に背中を押してもらい、参加を決意しました。

この3週間何をしたのか。

オンライン授業やリモートワークによって自分と向き合う空間や時間を失ってしまった人に向けた、「自分と向き合う環境」を提供するという活動の指導に向けた活動をしました。

1week ターゲットや社会問題についての意見の共有
2week 具体的にどんな方法を用いて社会問題を対処、改善できるか話し合い
3week オンライン、オフラインの構造設計

参加してみてどうだったか。

考えすぎてしまう人間なのでちょっと大変なこともありましたが、セカンドのメンバーがみんな同じように走っているんだなと思いながら3週間頑張れたのが自分の自信になりました!

今後はどうしていきたいか。

今回自分からセカンドに飛び込めた達成感を忘れずに、いろんなことに挑戦していきたいです!

セカンドのハイライト

プロジェクトの一つの軸となった「時間を止める」というアイデアを思いついた時です。世界観がはっきりと見えるようになったし、そこをきっかけにメンバーとうまく話し合いができるようになった気がします。霧の中をやっと抜け出せたような感覚でした、、!


なのなのさん、ありがとうございました🙇‍♂️

セカンドへの一歩。そして、霧からの一歩。大変だったと思いますが、その一歩に拍手です👏

時間を止めるというアイデア、すごく素敵な概念だと思いますので、ぜひ実現してほしいものですね。

これからのなのなのさんの一歩を応援してます。
それでは3週間おつかれさまでした。
いってらっしゃい。


他の参加者の体験談を見てみる↓

新潟ベースセカンド第1ターム参加者の声
4/16(金)-5/7(金)に開催された新潟ベースを3週間で体感できるプログラム「NIIGATABASE SECOND」第1タームの参加者にアイルを通して振り返りをしていただきました。授業、就活、インターンシップ、アルバイトでもない本プログ...